熟女はご意見番

2013年07月

武村正義さん、生の時事放談

DSCF2051










                         講演する
                        武村さん
              (国際文化会館)














 7月17日に、知人の紹介で40名程の勉強会に参加し、
武村正義さんの時事放談を聴いてきました。
 武村さんといえば、1934年(昭和9年)生まれの78歳。
自治省を経て30代で四日市市長、40歳から滋賀県知事を3期、
その後52歳から66歳までの14年を衆議院議員として過ごし、
この間、新党さきがけ代表、細川政権で官房長官、村山政権で
大蔵大臣と・・・華やかな政治経歴をおもちです。

 講演後の立食パーティで、彼にいくつかお尋ねをしたのですが、
東京大学(教育と経済学部)に8年在学し、自治省に入る時には
妻子があり、時の面接官、後藤田正晴さんが面白がったとか。
ムーミンパパという愛称の割には180cm近い背丈があって
でも、ホンワカした雰囲気で言うことは明確・・・中々好感度の高い
おじさまでした。

 話の中で印象に残ったのは・・・
①日本は戦前の軍事大国から戦後の経済大国へと、堂々たる
 国になったが、これからの心配は「人口減」だ。
 このままでいくと、50年後には5000万人減って8000万人となり、
 敗戦時と同じになる。誰もこの話をしないが、対象者が少ないと
 いうことはビジネスも税収も大きくマイナスになる。
 「小さくともキラリと光る国」を主張してきたのは、ボリュームより
 質実国家をめざすしかないという意味だ。
②外交について、中国とは過去に15年日中戦争をし、韓国には
 36年に及ぶ植民地支配をしてきたが、相手に苦痛を与えてきた
 ことは明らかだ。だが日本は事実や歴史認識についての教育を
 していない。相手側はしっかりと教育しているため、この隔たりが
 埋められない。
③アベノミクスについて、出だしの評価はできるが、危うさを兼ね
 備えている。
 1万円札を増刷し、通貨を倍にして2%の名目成長率を高めると
 いうことは、政府が銀行から買い入れている大量の国債について、
 同率で金利が上がるということだ。
④日本は今1000兆円の借金を抱えているのだが、国債の金利が
 2%UPすれば、20兆円の利子を払うことになる。
 3%UPで30兆円だ。日本の税収は40兆円しかないのだから、
 収入の大半が利子に消え、仮に金利が4%になれば、年間の
 税収はすべて利子になり、公務員は全員解雇で政府が崩壊する。
⑤今回の参議院選で、自民党から共産党まで、どこも財政再建に
 触れていないが、財政赤字と人口減少は最大の負の問題。
⑥民主党は完全に凋落したが、消費税を5%から10%にすると、
 最も嫌がられる政策を実現したことは野田さんに感謝すべきで、
 この点はもっと評価していい。
 自民党は選挙に勝利するだろうが、今まで先送りをしてきた増税
 や財政再建について本気でやるかどうかが問われる。
 ヘッジファンドや利害関係団体を含めて世界が見つめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 食事をしながら個人的な質問をし、話を伺ったのだが「この先の
日本はどうすれば問題解決が進みますか?」の話題の中で、
「テレビでは話せないけど、落ちるところまで落ちて、ちょうど敗戦
時のように、崖下から這い上がるしかない状況が一番の解決では
ないか・・・と思うし、周囲にも同じ意見が多いですね~」と。
 私も同感です・・・。

DSCF2067




 

21日朝のTBS
時事放談で








 選挙当日の21日(今日)朝に、TBSの「時事放談」に登場。
片山善博さんと政治選択のポイントを語っていました。
 17日の主張の軸から全くぶれないところが武村さんの人柄
を滲ませている感じで、いいね!





参院選、自民圧勝はNOに!

DSCF2049





都心の掲示板






 7月21日の投票日に向けて参議院選挙がスタートしましたね~
皆さまは各党のどんな政策を柱にして政治家を選ばれるのでしょうか。

 この選挙について政党間で細かな選択肢がたくさんあってややこしい
のだけど、
ズバリ自由民主党を「景気向上とねじれ解消」の綺麗な表現に惑わされ
圧勝させてはならないよね~
なぜならその先やりたい放題になるファシズムめいた怖さを感じるから。

 安倍晋三について「総理大臣としての器に疑問あり」、「神輿に乗せら
れている」との話は周辺から聞こえてきますが、それはそうなんでしょう。
 6年前に総理の座を放り投げて逃げた男がチチンプイプイの魔法で
発酵し大物になるわけがないでしょうからねぇ(苦笑)。

 自民党は参議院選挙の有利性を固めるために、憲法改正や歴史認識に
は触れないようにしているみたいだけど、経済政策と背中合わせ(セット)
で、保守回帰を図ろうとしているやに映りませんか? 

 基本的人権を守るために、国家権力を縛ることが「憲法」の目的なのに、
彼の発言からすると、憲法で国民に制約を課そうとしているみたいで、
・・・「法律」との違いをよく分かっていないのでは?

 自民党の憲法草案を読むと・・・
①政治家が容易に憲法を変えられるように96条をいじる(権力擁護)
②自衛隊を「国防軍」に変えて集団的自衛権を認め、アメリカの軍事
 派遣(戦争)に同行させる。(戦争放棄の反省はどこへ)
③基本的人権の核心部分としての「表現の自由」に「公益・公の秩序」
 の名目で制約をつける。(国民より国家権力優先)

※7月9日付の朝日新聞に
 「制限図る自民案」とあり、野党からは「戦前も『公の秩序』目的で言論
 弾圧が行われた」 「いくらでも基本的人権を制限できる」などと、懸念
 の声が相次いでいると書かれています。
(つい68年前までの70年間に6回の戦争をし、「天皇陛下万歳!」と
 若い兵士が死んでいったことは今の北朝鮮と同じだったんだけど・・・)

 ねじれを解消していつでも自民党が優位に立つということは、
今は影を潜めている憲法改正(改悪)が一歩また一歩と楽チンになる
わけで、賢い国民は先々までを読んでおきたいものですが・・・。

※「ねじれ」は普通として議論し、問題解決を図るのが民主主義で、現代
 の日本が抱える深刻な課題は長年政権を握ってきた自民党の無策に
 よるものだった筈。最近チョロッと政権を握り、後始末に追われてきた
 民主党に多くの責任を被せる方がおかしいと思うのですけどね~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと気になるのは、安倍信三や自民党関係者の歴史認識ですね・・・。

DSCF2043

















 
 正直言って日本の政治家の多くは歴史認識が幼稚ですよね・・・。
日本との戦争で痛み付けられ、奥深い恨みを抱き続けている中国や
韓国が過度に嫌がる靖国神社への参拝になぜこだわるのか?
 正論としては「自国の英霊を祭ってある神社に詣でて何が問題か」
はありうるでしょうけど、それをごり押しするとマイナスが噴出して
外交(肝心なのは経済)がストップし、それを解決しようと又ゼロから
出直し、何とか首脳会談を持ちたいと動き・・、少し収まるとまた軽い
発言で相手を刺激する・・・を一体何回繰り返すのでしょう。
 ホント、”ド阿呆”としか言いようがありません(笑い)。

 そんなに靖国詣でをしたい政治家は、闇夜に紛れ手拭いで頬被り
して行き、昼間の団子集団で目立つ行動は止めてください!!

 この件については、アメリカ政府も懸念を示し、
キャンベル前国務次官補が発言したように、「国家的な感情を逆なで
する挑発的ステップはとらないことだ」・・・と。

こんな外交の基本も分からない政権を圧勝させていいのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 政治も人も同じで何事にもバランス感覚が大事ですよね。
経済政策で自民党がプラス効果をもたらしていることは評価しつつも、
彼らにすべて託したら戦前に戻る部分が出てくるように感じます。

 健全な野党が存在しないとブレーキが働かない。
大きな富と権力を握ると人も組織も暴走することは、皆さん知っている
とおりですよね~ 
1945年の敗戦以来、最大の選択が迫られているように感じています。






銀座3描と朝日新聞本社にて

DSCF2037












銀座4丁目の
交差点近くで









 
すっかりご無沙汰をしてしまいました。
理由はまた次の機会にさせていただきますが・・・。

ロクに雨が降らない東京はもう梅雨明け模様です。
銀座は中国人や欧米人や中東から来たらしき人々など
で賑わい、そして綺麗な距離間隔で七夕飾りが並んで
いますよ~ もう初夏の香りが満載。

DSCF2039




























 こんな和服姿の御姐さんが絵になるのも銀座ですね~
土地の価格が日本一と公表される鳩居堂の前です。
もしや新橋芸者さんかもしれません・・・。

DSCF2038
















高野山からの
托鉢修行僧









 托鉢の姿も時折見かけます。美しい光景ですね~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この日、数年ぶりで築地にある朝日新聞の本社(本館)
に行き、報道局の某部長をお訪ねしました。
2階にあるロビーの受付周辺やその先にガードマンが数名
立って睨みを効かせています。
 朝日のOB記者が一緒でしたので「物々しいですね~」
というと、「世の中がうるさくなった結果でしょう」とのこと。

 初対面で現役バリバリの部長は、まだ40代後半とのことで、
そうだよね~ 朝夕2紙を発行する大新聞社の親分クラスは
若くなくちゃあやっていけないかと感じましたが、話が面白く
大組織の中ではこういう40代が主役であることに心強さを
感じました。
 美空ひばりが亡くなった2年前に入社したそうで、その人が
もう本社の部長なの?! ウ~ン(苦笑)

館内の様子を撮影したかったけど、やっぱ遠慮しました。
残念!!
塾の若者を連れて、新聞社の動きや仕事の場面を見たい
なあと思いました。
 野次馬見学・・・大人もワクワクしませんか?
 
 





プロフィール