熟女はご意見番

2013年12月

加藤登紀子さん古希を歌う

DSCF2466
















    歌手の加藤登紀子さん(正確に言えばお姉さまで、事務所社長の加藤幸子さん)
とあるご縁ができて、12月27日の「ほろ酔いコンサート」に招いていただきました。

 会場は有楽町のよみうりホール。1階と2階で約1100席ありますが満席です。
そして公演名にあるように会場で来場者にもたる酒(日本酒)が配られました。
ここまでは予想しましたが、そこから先は「凄い!」と感じるものが満たん。

 登紀子さんが舞台に登場するや掛け声が・・・。隣席の女性も大きく手を振りながら
掛け声を出していました。学生運動の時代にデビューして、東大生歌手と言われた
彼女の大衆性というのか、人を惹きつける引力の強さにまずは圧倒され・・・。
 
 3度の衣装がスタイルにぴったり似合い、ピンヒールが格好いい!
元々声が太くて低く、ハスキー気味だけど、虹色の束を連想するような声に魅力が
ある上、歌にもスピーチにも艶と主張があります。
お酒を飲みながら数十曲を歌えるのだから、相当な酒豪なんでしょう。

 この日、12月27日は70歳(古希)の誕生日と重なり、たくさんの仕掛けがあった
のですが、5時から7時半までの予定が、8時を過ぎてもステージは終わりません。
終盤は会場総立ちの様相で、改めて「歌の力」を感じましたし、この凄いお姉さまの
前で、50や60で弱音を吐いちゃ、いけませんよと、

 2013年も終わりに近づきましたが、このパワーとアグレッシブなステージは最高の
プレゼントをいただいたような感動がありました・・・。





 

イヴの帝国ホテルに歌声が

DSCF2443









帝国ホテルの
ロビーで歌う
早大グリー







 「クリスマス」と世間が騒ぎ、街にジングルベルの音楽が流れようと、
クリスチャンでなく、小さな子供がいないのだから「あっしには関わりのないこと」
でござんすが・・(苦笑)。
 それでも、帝国ホテルのロビーに出かけて、恒例の「早慶男声合唱団」による
クリスマスコンサートを聴いてきました。
 早稲田大学グリークラブと慶應義塾大学ワグネルソサイアティが合同で80名。
20歳前後の若者によるこの人数の歌声は中々素敵ですよ~

 DSCF2444



         


                右のグレー
                は慶応です












 帝国ホテルのロビーは広くて吹き抜けがあり、2階席にも歌声が響きます。
出演は1,2年生が多いのか、緊張気味だったけど、若い声には艶があり、
イヴにふさわしい新鮮さと祈りがありました。

  1つ惜しいと感じたことは、司会のスピーチがやや棒読みの印象でして・・
歌心があるのだから、誰かがちょっと助言すれば上達しそうなんだけど。
(⇒で、若者のトレーニングに一度は劇団へ・・なんて考えてしまうのです。
  余計なお節介ですけど、歌もパフォーマンスも磨けると良いね!!)
 
 いつもはティーラウンジの外野から聴いていましたが、今回はラウンジに入り、
カクテルをいただきながら。それも中央の最前列です。柱に舞台がさえぎられる
こともなく、最高の贅沢でしたね~

DSCF2446







コンサートを
終えた直後
のラウンジ







 ただ、ホテルも、その後に向った銀座のbar も街中も、いつもより人出が少なく
感じました。21日(土)、22日(日)、23日(祭)と連休があったせいでしょうか・・・。

 そういえば今年はケーキの一箸もいただいていません・・・(苦笑)。
 今年も終わりに近づいて、イルミネーションが忙しく輝く年の瀬ですね~







猪瀬直樹知事の「無知は罪」

DSCF2439






12月19日付
朝日新聞








私の古巣・・・東京都庁がボスを失い、揺れています。
 医療法人徳洲会グループから5千万円を受け取っていた猪瀬直樹知事が
12月19日、都議会議長に辞職願を出しましたね・・・。
 
 猪瀬直樹さんは同郷の信州人で、県立長野高校を経て、信州大学では
全共闘議長でした。以前、直に話を聞いた際に「学生の頃から、機関銃1丁
で闘ってきたから、今もその延長で道路公団民営化の仕事を受けている」と
の趣旨で語っていたことを思い出します。

 勢いのある面白い人材だったのに、ご自分の答弁は下手でしたね~ 
最初に「すみません!知らなかったので、修正報告を出します!」と謝る
手があったのでは?
 とかく男は格好つけて逃げようとするから、最後にボロを出しませんか?

 「なぜこんなことに?」は諸説あり、黒幕云々も言われていますが、
私は単純に東京都の『職員服務規律』を知らなかったのでは? と・・・。
 これは関係する業者から利益を供与されたり、借金することを禁じている
もので、職員は100%認識している倫理規定(ルール)です。
 特に、徳洲会という病院の東京における許認可権は、東京都庁にあるの
だから、そこからの金銭が何を意味するかについて、あれだけの人がボン
ヤリしていたとは想像しにくいけれど、案外無知だったとしか思えませんね・・。

 お金を受け取った時には副知事だったので、職員に準じる立場として適用
される筈ですが、石原知事による任用で副知事になった大物には、研修も
無かったでしょうし、その後も、「これだけは気を付けるように」と耳打ちする
側近もいなかったのでしょう。孤高の人の弱点でしょうか。
 だから、辞任の会見で「政治にアマチュア」という釈明を繰り返したように
思いますが、でも、結果、無知は罪なりですよね~

 DSCF2442




                                12月19日付
                                朝日新聞夕刊
                








 今だからこっそりお話できますが、私は都庁の人事部門で医療職1万人の職員を
対象にズバリ『服務規律担当』をしていました。
労務管理と信賞必罰・・・報奨から処罰までの目付役人ですね。

だから『職員服務規律』に反する収賄の事実が分かると、たった5万円で懲戒免職
にしたことがあります。家族もいたその男性は、5万円で人生を棒にふったのです。
公務員は公僕として徹底的にフェアであることが求められる。
 逆に言うと、このルールさえ守っていると、職務能力が低下しようが、責任感覚に
問題があり、勤務態度が悪かろうが、中々クビにはできないほど、身分が守られて
いるのです・・・。

 社会全体に教育がゆるくなり、国会での議論を聞いていても、アマちゃんが多く
なったなぁと感じます。だから、次期都知事にはあのオリンピック誘致でスピーチが
うまかった女性タレントをとか、そういう発想はやめてほしいですね~
 東京は予算の額でいうと、世界の国単位で較べてもベスト10に入り、韓国と並ぶ
程の規模で、知事はいわば任期4年を(普通は)保証された大統領で、国の平均的
な大臣よりも、むしろ大きな権限をもっています。

 都民も名前や顔で安易に投票せずに、首都東京の100年先まで見据えた選択を
してほしいですよね~ 選択肢が乏しければ自ら担ぎ出すことが民主主義の原点。
国民や都民の無知もやはり罪だと思いますもの。







討入りから311年の泉岳寺へ

DSCF2421
















線香を買い、
墓地に向い
47士に・・











恒例のブログ記事でお騒がせいたします。 
 
 12月14日の高輪2丁目にある泉岳寺には、毎年3万人前後の
参拝客が訪れます。私もやはり参りました・・・。
(泉岳寺は1612年に徳川家康が建立)

 言わずと知れる赤穂四十七士と浅野内匠頭長矩・妻阿久利が眠る
菩提寺で、1702年(元禄15年)12月14日、大石内蔵助以下47名が、
主君の仇討のため本所の吉良屋敷に討入り、本懐を遂げてから
祭られて、今年で311年が経っています・・・。
 天皇だろうが、歴代の総理大臣だろうが、300年間忘れられることなく
今なお庶民が忠義に訪れるヒーローは、他にはいないですよね。

 毎年東京にいる限り、12月14日の泉岳寺を外すことはないのですが、
「なぜですか」って? 
 大石内蔵助の強い意思と潔さ、抜群のリーダーシップ、見事な死に様。
今の日本にはこんな格好良い男は見当たらないでしょう・・・。
墓前に立つだけで、勇気をもらえますね~ 集まってくる人は同じような
意思で、パワーをもらいに、あるいは、こういうリーダーがいたらねえ・・と、
見果てぬ夢を描いて泉岳寺に集まるのだろうと思いますよ~

DSCF2427






                朝早いのでまだ
                少人数でしたが
                中は煙が充満。








  境内には「赤穂義士記念館」があり、討入り当時の衣類や、口上書、
持ち物、手紙類、陣太鼓などたくさんの遺品が残されているのですが、
順次展示されて、必ずしも全面公開されていないので、今年初めて見た
もののうち「オオっ!」と関心を抱いたものがあります・・・。
 
 討入り後日、吉良家から浅野家に届いた「首の受取証」(本物)です。
つまり、赤穂浪士は本所で吉良上野介の首を打ち取り泉岳寺にある
主君の墓前に供えたのですが、吉良家から返還を求められ、まあ首を
持っていてもしょうがないのでと、家臣を飛ばして返しにいったそうです。
 それに対して、吉良側では「確かに返していただきました」という書面を
筆文字で書き、内訳に「首一つ」と記載されていました。(苦笑)
 武家社会での何とも律儀なお定まりですね~ 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 DSCF2428


















 ところで、47名・・正確には46名(寺坂吉右衛門は、討入り後大石の
命令で、事実を語り継げよと切腹を免れ逃亡した)が4ケ所で切腹した
のは1703年2月4日、今から310年前です。

 大石は今の高輪1丁目にあたる熊本藩細川家の下屋敷で、16人で
切腹したのですが、跡地は港区により丁寧に保存されています。
他は、芝5丁目の水野家、三田2丁目の松平家、六本木6丁目に当たる
毛利家でした。いずれも現在の港区で、江戸時代から都心だったのですね・・・。

 DSCF2432
 










 右上は私が好む「勝守」です。
『摩利支尊天』といわれ、元々はインドの神で、勝負ごとに強く、自在の
神通力があり、念ずれば一切の災いから逃れるとして、古くから武士たち
の間で深く信仰されていたもの。

 大石内蔵助は髷(まげ)の中に、摩利支天を納めて討ち入りに臨み、
本懐成就を遂げたと伝えられ、その由来から勝守として人気があります。
私は毎年、数枚をいただいてから大石の墓前でお香を炊いて拝礼し、
そのお守りを応援したいと思う親しい友人に差し上げてきました。

 それにしても、墓参をするつど感じますが、47人の内訳は16歳から80代
までで、内蔵助は45歳、息子主税は16歳。平均的には30代でしょうね~
まだ生きて好きな人生を送れた筈の若者たちが、主君の仇を討つために
自らの生命をかけて果てていく・・・。

 今は、時の最高権力者も「我が身優先」が見えすぎていませんか?
気持だけでも彼らの勇気と精神力にあやかろうと、2013年も大衆が集まり、
絶えない線香の煙が充満した泉岳寺です。





初冬の紅葉と般若苑その後

DSCF2416







自宅の東窓から










DSCF2417

















   我が家の東側にある窓から見える今日の光景2点です。
初冬とはいえ、紅葉の美しさに心が和むので、ご披露しました。
都心3区内の某所ですが、女子学院のキャンパスの一角に立地するので、
まるで自宅の庭みたいな贅沢に感謝・・・。
遠方に高いビルが見えているのが対照的ですが、夜景もまた楽しからず
やなんですよ~

 DSCF2419








西側にある
バルコニーから
白い建物は何?







 うちの西側にあるバルコニーから150メートルほど向かいにある白亜の建物
はナアニ? マンションでなし、ビルでなし、ホテルでもなし、美術館? 病院?

 はい、正解はあの孫正義さんの邸宅&迎賓館で、2013年1月に竣工。
敷地2000坪で、地上4階、地下2階。プール、ボーリング場からゴルフの練習場
まで備わっていると聞いていますが、サスガに中の様子は分かりません。
(野次馬根性で見に行ったらガードマンが複数名いて、見学は無理みたい・・・)

 江戸時代には薩摩藩の別荘で、のち『般若苑』という高級料亭になり、
多くの政財界人や著名人が出入りしたことで有名ですね~
三島由紀夫が1960年に書いた小説『宴のあと」の舞台になり、元外務大臣ー
有田八郎がモデル。彼のプライバシーを巡り、裁判になった話を思い出します。

 般若苑は2005年(平成17年)に閉店。
日本史を彩った料亭が様々なエピソードを残して・・・時代は流れ、今は世界でも
有数の実業家の手中に・・・。これもまた歴史の必然なんでしょうか・・・。

 私はこのバルコニーから孫さんの大邸宅を拝みつつ、ダイエットのために
ここでよく縄跳びをしています。ピョンピョンピョン・・・。あと5キロ!! 





プロフィール