熟女はご意見番

2014年03月

春がきて着物姿と桜の開花

DSCF2658























    自宅の近くにあるプリンスホテルで、ある大学の卒業式がありました。
こういう場合目立つのはやはり女性の着物姿ですね~
今年も袴が多くて、次々と会場に消え、時間差で式典が数回に及んだ
のか退出してくる集団もいます。

 自分について言えば、大学の卒業式では中振袖を着たことを懐かしく
思い出しますね~ お堅い大学で、女子学生は少数だったから、着物は
ほんのわずかでしたが。

 最近の成人式で見る着物姿は、髪のスタイルや化粧が洋式というか、
濃い目で髪はザンバラで、下手をするとチンドン屋スタイルです。

 着物も正絹ではなく浴衣を冬物にしたような(正直申して)見るからに
安物ぽくて、日本の伝統が毎年崩れゆくことに気持ちが暗くなります
ね・・・。  お母さんは娘のあの姿に何も言えないのかしらね・・・。

 上に映した学校は國學院大学で、日本の文化を守り発展させる伝統を
もつせいでしょう、着物や袴の姿がきちんとしていて、お行儀も綺麗でした。

DSCF2681















 そして25日、東京都心の桜が開花しました。
「ようやく春がきたね~」という嬉しさと、「また桜の季節。人生早いね~」
という思いとが交差する複雑な心情・・・。

 もっと歳を重ねると「あと何回桜を観れるのだろう」という、押されてくる
ような気持になるのか、ならないのか。

 ブツブツ言おうが、桜は咲いてまた散るのですよね。












STAP細胞論文と双方放置

DSCF2587







2月2日の
TV番組で








  小保方晴子さん。理化学研究所・発生・再生科学総合研究センター
ユニットリーダーが新しい万能細胞とされる「STAP細胞」で世界の
注目を浴びてから1ケ月半。

 今になって、画像やデータに不自然なものがあるといわれ、英科学誌
ネイチャーの論文には疑義があり、STAP細胞を作製できたことについて、
具体的な根拠を示せないと、理化学研究所が認めた。

 DSCF2632







                        3月14日に
                        会見する
                        野依理事長






 
 どうやら小保方さんは2011年に早稲田大学理工学術院への
博士論文に載せた別の実験の画像と同じものを掲載したらしい
し、実験手法の記載の一部にほかの論文のコピーをして、貼り
付けた疑いも出ている。

 「論文に重大な誤り」「ずさん・未熟」と酷評を受け、野依理事長
自らが謝罪をしたのですが「学術論文に関する審査や指導はどう
なっているの?」と感じますよね~

 小保方さん自身は実験データの画像切り取りについて、
「やってはいけなという認識がなかった」と述べているようだが、
直属の上司がいない中で、初歩的な部分で、具体的な指導を
受けていなかったのかもしれないですね。

DSCF2641











  





 一連の話を聞いていて、しばらく前の猪瀬直樹・前東京都知事の
トラブルを思い出しました。

 彼も都庁にいた時代、「いろはのい」の重大なルールを誰からも
知らされなかったように思うからです。
 
 今の時代、一言二言であまりに傷つきやすくなり、あるいは人との
接触が面倒で、コミュニケーションが極めて希薄ではないでしょうか。
さわらぬ神にたたりなし・・ですか。
 でもその結果、本人や周辺が後始末に追われ続けるのですよね~

 遡れば、小保方さんが早稲田大学にいた時に、研究の指導がどう
なされていたのか・・・。「鉄は熱いうちに打て」をみんなで避けている
「双方放置の悲劇」・・・そんな思いがする重大な事件です。










世の中、少しづつ変では?

DSCF2629










3月13日
品川駅前で














 品川駅の近辺にいたら、スピーカーの音が聞こえてきて、
何やらデモ行進の賑わいが・・・。
こういう場合は、妙に血が騒ぐのです(苦笑)。

 急いで品川駅前にある第一京浜の通りに出てみて、そのデモに
カメラを構えていたのですが・・・・、ちょっと愕然としました。

 デモとはいえ、30名いるかいないかくらいでしょうか。
この写真は最前列ですが、そのあとに続く人々は、相当な高齢者
で、多分動員されたかなという感じて、光景が申し訳なくて・・・
カメラを向けることはできませんでした。

 春闘のデモといえそうですが、消費税UP反対、TPP反対、原発
再稼働反対をスピーカーで叫んでいました。

 職域のチームで編成されているので、私の出る幕ではないため、
勝手な希望ですが・・・、
もっと元気のある働き盛りに束になって抗議活動をしてほしい。
 自分たちの将来がかかっているという当事者意識はないのかな?
痛々しく足を引きずるようなおじいちゃまやおばあちゃまに、苦労を
かけないでほしいなと、少々心が痛みました。


DSCF2630











                        麻布十番で
                        見かけた
                        河津桜です











 
 
 2年前から準備をしてきた『途中塾』を一般社団法人にして
理事を2名追加する手続きがようやく終了しました。
 
 今日、麻布十番にある法務省の港出張所に行ってきた理由は、
理事を追加承認する書類に一部不備があるので、代表理事の
印鑑を持参して来てくださいと。

 私も元は役人ですが、役所は書類の形式審査が商売というか、
こまごまとホント厄介ですよね~
 事前に2度も3度も電話で確認し、更に提出前には相談コーナー
で相談してOKをとり、窓口でもOKというから提出したのに、
不備があるから、もう一度来てくださいなんて・・・
「公務員の皆さん、もっと目を凝らして書類をみて下さいよ!」
と伝えてきました。

 ちなみに、持参した代表理事の印鑑は不要でした(苦笑)。
これも考えず、いい加減に言っていることの証拠ですね・・・。

日本の社会は少しづつおかしくなってきている。そんな思いが
しませんか?








プロフィール