熟女はご意見番

2014年08月

『時代を変える若者たちへ』

DSCF2594


















すっかりご無沙汰をしてしまいました。
ようやく風が少しづつ出てきて、秋に向かいそうですね~

お知らせをさせてください。

9月25日(木)の18時から早稲田大学の小野記念講堂に、歌手の
加藤登紀子さんを講師に迎えて、特別セミナーを開催します。
(主催は途中塾、共催は早稲田大学公共経営大学院)

当日は『登紀子1968を語る』(情況新書)を起点に、学生のころから
社会を真正面から見続けてきた加藤さんが、社会や未来を歌とともに
若者を主役に語りましょうという企画です。

1968年というのは、東京大学の学園紛争が起きて安田講堂が占拠
されたほか、日大全共闘発足、慶応大学が無期限スト、中央や明治
大学を拠点に学生が駿河台を占拠するなど、若者が大学や社会を
批判して激しく行動を起こした年でしたね~
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

加藤さんはこの本の冒頭で、
『私たちの世代は過去の重さの分だけ未来を担う責任があり、
若者たちには未来の長さの分だけ過去を知る必要がある』
と書いて
いますが、両者ともに中途半端に終わっているような気がしませんか?

9月25日(木)18時~19時半 早稲田大学小野記念講堂(200席)
                  (無料公開)
≪懇親会≫ 20時~21時半 大隈記念タワー15F「西北の風」
                  (学生@3000円 一般@5000円)
         加藤さんが参加の予定です。

申込みは⇒ http://tochu-juku.com  (自動登録できます)
        あるいは、事務局の羽田まで(090-2403-0155)
    





裁判所で5つの事件を傍聴

DSCF3108
















 残暑お見舞いを申し上げます。

年々歳々気候のサイクルとバランスがバラつく感じの猛暑
ですが、お元気でお過ごしでしょうか?

 この暑さの中、昨日8月8日(金)の午後から霞ケ関にある
東京地方裁判所に出かけてきました。
慶応大学のロースクール(法科大学院)にいて、弁護士を
めざしている若者に誘われ、7、8年ぶりに裁判を傍聴に
行ったのですが、夏休みのせいか、学生が社会科見学風
に集まっており、ロビーは〇〇文化会館の様相で・・・。


裁判所の館内はいっさい撮影禁止なので雰囲気をお見
 せできないことは残念です・・・。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  裁判は公開が原則なので、傍聴席が空いている限り入場
できます。(立ち見はできません)

 この日は次々と5つの刑事事件を傍聴しました。
①窃盗(車) 6台、約700万円相当
②窃盗(車上荒らし) 現金を含めて約43万円
③幼児の傷害事件(被告人はインド人かネパール人と推定)
④覚醒剤の吸引 (被告人は女性で、再犯)
⑤強姦事件    (被告人は釈放中の20代、2名)

 ①②とも、これまでも罪を犯し、服役してきた前科があって、
「反省して、もう繰り返しません」と答えているものの、
様々な状況や、何となく感じ取る生活環境や雰囲気などから、
仮に社会に出てもまた繰り返すのではと感じるものがありま
したね~(ちなみに日本の犯罪再犯率は50%を超えています)

 ③は途中から入室して、医師による証人尋問が行われて
いましたが、それ以前の経過が分からず、幼児の傷害事件
はできれば避けたいので、しばらくいて途中で退出しました。

 ④は40歳前後、見るからに男に騙されそうなか弱い雰囲気
の女性でした。
検察官は供述に信憑性が低く、反省がないので、実刑をと
求刑し、若い女性の弁護士は検察官の主張には根拠がない
として「無罪」を弁護しました。

 ⑤はどうやら大学生のコンパの延長で、男子学生2名が
女子学生を強姦したという事件。
(私設弁護士らしき人が5人もついていました・裕福な家庭?)

被疑者の両親による『性犯罪は心の殺人で決して許さない。
出来るだけ重い刑を』という手紙が(多分被害者側の弁護士
により)響くように読み上げられました。

 被告人2名は釈放中であるためか、普通のスーツ姿で出廷
しており、最初は被告人不在かと思った程です。
(通常は刑務官に手錠や腰縄をかけられた姿で法廷に出る)

 20代の初めであろう2名は顔が青ざめて、公衆の面前で
名前もすべて読み上げられて注視されており、罪は罪として
も彼らはこの先どうやって社会で生きていくのか、立ち直って
ほしいなと、気になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
東京地裁では民事を入れると1日、数百件もの公判手続きが
行われており、流れ作業のように事務的だなと感じました。
 高裁や最高裁になると、裁判官、検事、弁護士も中高年の
ベテランが揃うのでしょうが、地裁の段階ではいずれも若く、
テレビドラマで観るように、高橋英樹や三浦友和が大きな声を
出して、熱弁をふるう光景はありません。

 裁判は公開されているのだから、法廷内の全員(傍聴者を
含め)に聞き取れるように、ある種の舞台として表現してほしい
けど(マイクはあるものの)、周辺でつぶやいている印象もあり
彼らにもパフォーマンスや発声の練習が必要と感じました。

 何せ、数をこなす仕事でもあるのでしょう。
出来上がっている台本に沿って原稿を読み上げている印象です。
 
 判決後、裁判官が被告人に向かい、刑期を終えたら、堅実に
生きるよう諭す場面があったけど、思いが込められているように
映らない。自分の言葉で語りかけてほしいと思いました。

 彼らの多くはまた同じような犯罪を繰り返し、また法廷に戻って
くるのか・・・。やりきれない感じもあったけど、社会を裏側から
見れた貴重な半日でした。

東京地裁での傍聴は、当日行って、荷物検査を受けたら、
 あとは、どこの法廷でどんな事件の公判手続きが行われるか
 を一覧表で選び、そのまま入退室できます。








プロフィール