DSCF2049





都心の掲示板






 7月21日の投票日に向けて参議院選挙がスタートしましたね~
皆さまは各党のどんな政策を柱にして政治家を選ばれるのでしょうか。

 この選挙について政党間で細かな選択肢がたくさんあってややこしい
のだけど、
ズバリ自由民主党を「景気向上とねじれ解消」の綺麗な表現に惑わされ
圧勝させてはならないよね~
なぜならその先やりたい放題になるファシズムめいた怖さを感じるから。

 安倍晋三について「総理大臣としての器に疑問あり」、「神輿に乗せら
れている」との話は周辺から聞こえてきますが、それはそうなんでしょう。
 6年前に総理の座を放り投げて逃げた男がチチンプイプイの魔法で
発酵し大物になるわけがないでしょうからねぇ(苦笑)。

 自民党は参議院選挙の有利性を固めるために、憲法改正や歴史認識に
は触れないようにしているみたいだけど、経済政策と背中合わせ(セット)
で、保守回帰を図ろうとしているやに映りませんか? 

 基本的人権を守るために、国家権力を縛ることが「憲法」の目的なのに、
彼の発言からすると、憲法で国民に制約を課そうとしているみたいで、
・・・「法律」との違いをよく分かっていないのでは?

 自民党の憲法草案を読むと・・・
①政治家が容易に憲法を変えられるように96条をいじる(権力擁護)
②自衛隊を「国防軍」に変えて集団的自衛権を認め、アメリカの軍事
 派遣(戦争)に同行させる。(戦争放棄の反省はどこへ)
③基本的人権の核心部分としての「表現の自由」に「公益・公の秩序」
 の名目で制約をつける。(国民より国家権力優先)

※7月9日付の朝日新聞に
 「制限図る自民案」とあり、野党からは「戦前も『公の秩序』目的で言論
 弾圧が行われた」 「いくらでも基本的人権を制限できる」などと、懸念
 の声が相次いでいると書かれています。
(つい68年前までの70年間に6回の戦争をし、「天皇陛下万歳!」と
 若い兵士が死んでいったことは今の北朝鮮と同じだったんだけど・・・)

 ねじれを解消していつでも自民党が優位に立つということは、
今は影を潜めている憲法改正(改悪)が一歩また一歩と楽チンになる
わけで、賢い国民は先々までを読んでおきたいものですが・・・。

※「ねじれ」は普通として議論し、問題解決を図るのが民主主義で、現代
 の日本が抱える深刻な課題は長年政権を握ってきた自民党の無策に
 よるものだった筈。最近チョロッと政権を握り、後始末に追われてきた
 民主党に多くの責任を被せる方がおかしいと思うのですけどね~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと気になるのは、安倍信三や自民党関係者の歴史認識ですね・・・。

DSCF2043

















 
 正直言って日本の政治家の多くは歴史認識が幼稚ですよね・・・。
日本との戦争で痛み付けられ、奥深い恨みを抱き続けている中国や
韓国が過度に嫌がる靖国神社への参拝になぜこだわるのか?
 正論としては「自国の英霊を祭ってある神社に詣でて何が問題か」
はありうるでしょうけど、それをごり押しするとマイナスが噴出して
外交(肝心なのは経済)がストップし、それを解決しようと又ゼロから
出直し、何とか首脳会談を持ちたいと動き・・、少し収まるとまた軽い
発言で相手を刺激する・・・を一体何回繰り返すのでしょう。
 ホント、”ド阿呆”としか言いようがありません(笑い)。

 そんなに靖国詣でをしたい政治家は、闇夜に紛れ手拭いで頬被り
して行き、昼間の団子集団で目立つ行動は止めてください!!

 この件については、アメリカ政府も懸念を示し、
キャンベル前国務次官補が発言したように、「国家的な感情を逆なで
する挑発的ステップはとらないことだ」・・・と。

こんな外交の基本も分からない政権を圧勝させていいのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 政治も人も同じで何事にもバランス感覚が大事ですよね。
経済政策で自民党がプラス効果をもたらしていることは評価しつつも、
彼らにすべて託したら戦前に戻る部分が出てくるように感じます。

 健全な野党が存在しないとブレーキが働かない。
大きな富と権力を握ると人も組織も暴走することは、皆さん知っている
とおりですよね~ 
1945年の敗戦以来、最大の選択が迫られているように感じています。