DSCF2329






小泉会見30分前
にはカメラが続々








DSCF2330




        会見場には350人
        の記者たちで満席
        有名なキャスター
        もあちこちに・・・。








  
 今年夏、日本記者クラブに会員として入会以来、日本の内外にいる
様々な要人や著名人の記者会見を楽しませていただいています。
目前での生の話は実に面白く、推薦くださった皆さまに感謝ですよ~
記者の一員として参加するので挙手し名乗れば、いつでも質問可)

 今日11月12日は小泉純一郎元総理、7年ぶりの会見。
記者クラブ始まって以来の大入りらしく、大ホールは記者席350人と
カメラマンなどで420名を超えての満員御礼状態でした。

彼が語る「原発ゼロ論」とは・・・。

DSCF2334










椅子席の予定でしたが、
ご本人の希望でしょう、
立ったままで1時間半・・













 小泉さんは「どうせ将来原発を止めるのであれば、早い方がいいから、
『則ゼロに!』」
と主張しました。
(再稼働しても最終処分場がない。すぐの方が切替準備ができると・・)

そして、最も強調したのは
総理大臣は使える権力と、使っても実現できない権力があるが、
安倍総理がエネルギー政策の転換を決断できる権力が『原発ゼロ』だと。
 
 今は殆どの国民が原発ゼロに協力するだろうし、野党も賛成する。
ピンチはチャンスだ。過去の「郵政民営化」の頃と較べてみても
こんなに恵まれた環境はない。
 反対しているのは自民党だが、これも本音を探れば半分は賛成だ。
安倍総理がゼロと言えば、自民党の反対もなくなるし、政治家が決断
すれば、あとは識者が知恵を出してくれる。

自然を資源にする国家をつくろうと決めればーかくも壮大で夢のある
事業はめったにない。
今や総理の判断と洞察力が問われている。こちらに舵をきって欲しい。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
DSCF2338






             確かに劇場型の
             スピーチ能力!
             声を高め挙手の     
             パフォーマンスに
             一斉のフラッシュ









10月8日の読売新聞が社説で、小泉元総理の「原発ゼロ」を批判した
ことに、反論しました。

①『対策なしに原発ゼロは無責任』
 原発はあまりに深く大きな問題だ。「政治で大事なことはまず方針を
  示すこと」。「原発ゼロ」と決断すれば、専門家が知恵を出してくれる。
  国会議員だけでは無理。

②『燃料の輸入費用がかさみ、CO2が上昇する』
 日本の技術は時代の変化に敏感だ。新日鉄では燃料電池車が
   実用化目前だし、清水建設の本社は太陽光パネルとLEDとで、
   CO2を70%削減した。原発建設のコストを別に振り向けるべきだ。

③『核の廃棄物は技術的に決着している。問題は処分場が見つからない
 ことだ。目処をつけるのが政治の責任ではないか』
 簡単に目処を付けよと言う方が楽観的で無責任だ。
  10年たっても処分場の目処はつかないではないか。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 小泉さんはよく勉強し、同時にパワフルに行動しているなぁと思いました。
 8月に「原発ゼロ」を打ち出したドイツに行って、太陽光、風力、バイオガス
の実情を確認し、
 その後、フィンランドのオンカロで、2基分の原発のために、岩盤を地下
400メートル掘って、2キロ四方の広場に廃棄物を10万年封じ込める現場
に接したことが最近のゼロ発言になっているのかなと感じます。
(福島は「地上にむき出しのオンカロ」※と言われている・・・)
※「オンカロ」とは「隠れ家」の意味。

 記者からの「新党や野党との連携は?」といった趣旨の質問には、
政党や個人を超えて『それぞれの立場で、一人でもやるという意思がなけれ
ば社会を変えられない
』と発言。ナルホド! どんな課題でもそうでしょうね。

 最後に記者クラブに残した色紙には
百考不如一行・・・百考は一行に如かず。
百回考えても一回の行動には及ばないですよと。

う~ん、話が上手いし、人を弾きつけるオーラの強い人ですね~ 
「元総理が口出しをするな」云々の発言が巷にあるけど、そんなセオリー通り
のことを言っている暇はない危機的状況を小泉さんは感じているのでは?
そして、かき混ぜ作戦で、世論に考えさせ、安倍政権に圧力をかける。
総理を引退してもこれぞ正統派の政治家ですね~

 国民も政治家も「思考停止」に陥っているような昨今、これくらい突かないと
原発問題はノロノロ運転で、世界の一大事もまるで他人ごとみたいです。
フィンランドでは「放射線が消えるまで10万年」を前提に最終処分場を確保
する中、福島=「地上のオンカロ」の放射線は拡散し続けるのでしょうか?