DSCF2554








1月15日
銀座4丁目
にて






 今年の冬は東京も寒さが厳しいですね・・・。おお寒む~!
東京銀座のど真ん中、4丁目の夜景ですが、クリスマスのイルミネーションが
引き継がれたように光を放っています。美しいですね~

 2011年3月11日の大震災のあとしばらくは、銀座も暗闇になりました。
東京も都心部を除いて順番で地域を停電させ、駅の構内も道路の灯りも
最小限に絞られて「物騒だよね~」と不安を感じた日々を思い出します・・・。

 翌年の2012年も節電が続いて、自宅や公共施設で夏の冷房を抑えたから、
熱中症が増え、高齢者には厳しい夏でした。私も連日汗だくになったり・・・。

 あれから約3年。昨年の夏も猛暑と言われたけど「節電」の広報は消え去り、
誰も口にせず、冷房は自由に使えましたよね。今は暖房が神さまです。
しかも、今日本にある原発54基は定期検査入りを含めすべて停止しています。
 昨年2013年9月15日、ただ1基だけ稼働していた大飯原発4号機(福井県)
が停止し、それ以降にゼロになったわけだけど、原発なしで平気じゃん!

 原発が停止すればするほど、電気が自由に使えるなんて、3.11直後からの
大騒ぎは何だったのでしょうね・・・。

DSCF2552





               
                    三越の
                    ウインドウも
                    眩しいです








 その原発ゼロを旗印に、細川護煕さんが東京都知事選に出馬するそうで、
小泉純一郎さんとタックルを組むなんて、選挙が面白くなりそうですよね。

 「東京都知事が国レベルの重要テーマを掲げて選挙を戦うなんて・・・」
という批判はありますが、私はそうは思いません・・・。
 東京の消費電力は国内最大という理由よりも、危険をはらむエネルギー源を
他に代替するかどうかは、都民のライフスタイルの原点となるもので、私たちは
(状況に応じて)少しづつ我慢をし、暮らしをシェアし合い、その分の予算を
医療や福祉や教育などに回していくという基本政策が住民の姿勢としても重要
ではないかなと。 「自ら治める」が地方自治の根幹ですから。

 細川さんは熊本県知事をされていたのだから、都道府県政がエネルギーだけ
でないことは十分にご存じでしょう。
 (予想ですが)後始末の見通しがつかず、放射線廃棄物を垂れ流したまま、
原発再稼働なんて許されないと考えて、もう一度福島レベルの地震が起きたら、
日本は明らかに沈没する。だから国と対峙し「東京から日本を変えよう」・・・
と、年齢を超えて出馬を決意されたのでは?

 そもそも東京都庁の元官僚だった私が言うのもおかしいですが、福祉や医療
や災害対策などは知事が誰だろうが、役割分担された優秀な官僚が進めていく
ので、知事には行政をモデルチェンジさせる騎手になってもらいたいですよね~