DSCF0635



















松本城に近いカラオケpab cidyで(大手4丁目)


 5月12日(土)に松本で飲み会を開くために帰郷しました。
「三田は松本でもbarに集う」・・・でしょうか。

 最初のきっかけは・・・。 3月の下旬に(最初に入学した)信州大学の歌仲間・・・
広島在住のH。暁さん(写真の中央)から電話をいただきました。3月の末で彼が
勤務してきた国立病院の院長を定年で辞めることになりました・・と。
(大役でしたでしょうから、ホッとされたのでは? お疲れさまでした!)

 少々ほろ酔い状態で、私も家で晩酌をしていたから、まあね、酔っぱらいのおじさん
と超お姉さんの会話があり、暁さんの「元気でいるうちに又みんなで会いたいね~」と
言う言葉にはとてもリアリティがありました。
 脳神経内科が専門と記憶していますが、近年は高齢者の医療に携わってきたドクター
の「元気でいるうちに」は「そうか、経験から人生先はそう長くないのか」とね~(苦笑)

 関東に住む3人に声をかけたら即OKだったので、広島、横浜、千葉、東京、甲府から
5人で松本の「しづか」をめざして飲みに行こう! 5月12日の夕方5時集合ですよ~
 でもせっかく松本まで行くのだからと、松本界隈に住む先輩や古い仲間に声をかけて
みたら17名になりまして・・・ まずは老舗のしづかで4時間の宴会をこなしましたよ~
 昔は合唱団、今も合唱団が多いから、後半は歌う宴会となりまして・・・。
その昔は歌姫と歌王子だったけど、今はなんて言えばいいのでしょうね?
(飲んだお酒の本数は不明) その後で移動した店が写真のカラオケpabでした。

 学校の同窓会ってお化け大会みたいな面白さがありませんか?
他人には数十年の歳月をごまかすことはできないけれど、本人たちは会ってすぐに
20歳前後の昔のイメージと重なり、若い頃の坊やとお嬢ちゃんなんですよね~
 
 信州大学は東京の私学に較べると皆さんが質実剛健で、すべてに真面目で、
この会も学校の教員が多く、更に医師や弁護士といった「先生」たちが何人も・・・。
 12日は男性12名、女性5名とおじさまが大半で・・、何せ、20歳前後からお互い
の行動を・・・ドジ踏んだり悪さをしたのを見てましたよ~、あの人の次はあの人にも振
られた、成績が危なかったのを助けた・助けられたなどと永年情報共有しているから、
のち世間でどんなにお偉い先生に出世しても、遠慮はしませんよ~(笑い)。

 相手の呼び方は丁寧でも〇〇さん、普通になら〇〇君、大学の教授と言えども〇〇
ちゃん、さもなければ呼び捨てです(笑い)。 
 その上、私であれば専門医に向かって「お酒の飲みすぎは身体に悪いですよ~」
なんて申し上げまして、このお節介は「3丁目の夕日」も青く変色するかもね・・・

 そうそう、翌日の帰り際、ドクターH.暁さんに「元気で長生きする秘訣は?」と
お尋ねしたら、「できるだけ仕事(や活動・趣味など)をやめずに、日常の生活スタイル
を続けることではないですかねー」との趣旨でお返事がありました。
 私も宴会やbarを楽しむ暮らしは方針を変えずにドンドン参りますよ~!

※<信州大OBの代表選手が猪瀬直樹>
 
  
  今東京電力の値上げに真正面から反論し、逆提案するなど連日TV出演している
 東京都副知事の猪瀬直樹さんは、目下信州大学OBの代表選手でしょうね。
  学生時代には信大全共闘の議長で、学長との団交など、当時から機関銃1丁で
 闘ってきましたと、ご本人から話を聞いたことがあります・・・。
  元々は作家とはいえ、小泉政権下の道路公団民営化でもズバリ切り込んだ武勇伝
 は信州人の気骨を典型的に示しているかなーと思います。