DSCF0700
















クロワッサン
Premium
7月号から





 先日、行きつけの美容院で雑誌を読んでいた折に、
「美しい街で、美しく生きる」のタイトルにて、岸惠子さんが
50年以上住んでいるパリでのインタビューが掲載されて
いたのですが、久々に大きな刺激と感動を受けました・・・。

 このプロポーションと変わらぬ美貌ですが、1951年に女優
デビューをして、今79歳なんだそうです・・・・。

いつまでも若く美しい岸さんに(記者が)その秘訣を尋ねると

「同級生からも『惠子さんだけなぜそんなに若く見えるの?』と
言われますが、『若く見えるのではなく、若いのよ。どうして
あなたたち、そんなにシワをつくる暇があるの』 などと虚勢を
張るのよ。でもほんとに、幸せだから老けてしまうのよ。
ご主人がいて月給を運んできてくれて、子どもや孫に囲まれて。
温泉に漬かっているみたい。
 私、戦う女ですから。年中緊張して、憤慨して、感激している。
だからシワをつくる暇がないのよ。というのが女としての私の
はったりです」(笑)。

「はったり」と表現されているけど、岸惠子さんの本音だろうと
思いました。これだけ堂々とものを言えることは、普通の日本人
にはできないことで、やはり国際人としての感覚でしょう。

 DSCF0701



 















(同上の雑誌から)







 岸惠子さんがフランスに暮らしてきた価値観の影響は
自分の哲学をもって主張し、しかも何歳だろうが女性としての
美しさを求められる点で、かなりのものとは思いますが、
「生まれて 生きて 死んでいく」ことはどこに暮らそうが平等で、
それにしても、もうすぐ80歳にして年齢を超えている心意気
に、私も少しでも近づきたいな~と思うのです。

 8センチ以上のピンヒールを履いて、ピンと背筋を伸ばして
颯爽と歩く姿に、皆さまは何を思いますか?

 私も外出時はヒールのある靴を履いていますが、せいぜい
5センチかな。今度は負けじとヒールを髙くしなくちゃね(笑い)。
 まあね、私も戦う女として生きてきて、年中緊張して、憤慨して
感激しているまでは同じなんだけどな~
でもシワをつくる暇はある(笑い)。

 岸惠子さんの生きざまに、姿や形をどう表現するかは大事なん
だと改めて思いました。
 日本の女性は50代になると「もう歳だから」と自らおばさんへ
と自認していく印象を受けますよね~。
それと同時に言動がピッタリおばさんになるんじない? 

 健康でいる間は自分の信念に基づいて格好つけましょうよ!
私は長年のスッピンを変えることはできがたいけど、せいぜい
美容院には毎週通い、人前に出る際はお洒落に揺れるピアス
をつけて、できれば7センチくらいのヒールを履いて頑張ります!
(笑い)